トップページへ


「東京漢点字羽化の会」例会報告
                                    木村 多恵子
「うか100」
 第104回例会 2014年7月9日(水)13:30〜15:30
 何時ものように「備える歴史学」のグループの組み分けを決めた。
 今月は点字印刷をお願いいたします。何時ものI さんと、Nさんがお引き受けくださった。I さん、N さん、どうぞよろしくお願いいたします。
 今日は横浜から、Y さんが、『萬葉集釋注』の校正の説明にいらしてくださった。
東京の皆様どうぞよろしくお願いいたします。
 10月の活動予定日を打ち合わせた。
 『古語辞典』の入力用原稿を、それぞれお持ち帰りくださった。
 岡田さんが漢字の成り立ちについて丁寧に説明してくださった。
 会員の皆様、、特に新しい方が、先輩にパソコンのソフトの扱い方について、個人的に教えていただいているのをお聞きしながら、その熱心さとご努力に感謝せずにいられない。
 会員募集については、、横浜の皆様のお話をよくお聞きして、東京でも参考にさせていただいて夏以降に活動することにした。

 第105回例会 2014年8月13日(水)13:30〜15:30
 漢点字に興味を持ってくださった方が、今日は〈見学〉と言って、例会に来られたが、岡田さんが用意してくださったものを3グループで分けて入力することにし、新しい方も早速実践ということで、第一グループの入力担当を引き受けてくださった。後のお二人がきちんと校正をしてくださるので、脱文と、数字とアルファベットを間違えないようにお願いした。どうぞ根気よく皆様と一緒に長く続けてくださいますように。
 なお、ファイル名は、ページ番号が若い順に「通訳1.txt」から「通訳3.txt」までと決めた。
 「備える歴史学」のグループ編成を組んでいただいた。
 9月の点字印刷は、何時もの方が行かれないので、9月15日に横浜で例会があり、もし印刷のやり方が分らないときは、横浜の方にお聞きできるので、東京からS さんと、N さんのお二人の方が行ってくださることになった。よろしくお願いいたします。
 『古語辞典』は「く」の項まで岡田さんのところへ届いているという。
 会計の方が、「羽化」の発送費を計上するよう提案してくださった。
 皆様、どうぞ羽化のためにご負担下さっている方は会計の方にお申し出ください。
 新しい会員を募るためにどうしたらよいか、横浜で作ったちらしも参考にさせていただいて、以前に東京で作った試作品も参考に検討することにした。
 「機関誌うか」は次号は100号(2014年10月発行予定)記念になるので、岡田さんが皆様に、原稿を書いてくださいとお願いした。
 2014年11月の例会と学習会の日程をおおよそ決めた。

 第106回例会 2014年9月10日(水) 13:30〜15:30
 プラザのボランティア室の鍵が一定の場所にないので、あちこち、使用グループを探さねばならない不便さを解消しようということであったが、個別のロッカーの鍵が揃っているか、プラザ側で確認し、改めて各グループに相談する、という説明を、事務所で受け、もう暫く現状のままだという。
 「通訳と音訳の違い」はできあがり、原稿は岡田さんにお返しできた。岡田さんのお話では通訳についてはほとんど書かれていなかったとのことだが、このデータ作りに加わらなかった他の人にもメールで送ることにした。わたしも興味があるのでこれから読ませていただく。
 横浜から、「萬葉集」の校正が次々に届いており、お礼の言葉が岡田さんに届いている。そして、11月の東京の例会の日に、次の校正説明にY さんがお見えになると報告があった。
 「古語辞典」は、既に「け」の項まで岡田さんに届いているという。木村は岡田さんが「か、き」のファイルにしてくださって、そのデータをいただいている。そして、「く、け、こ」で1ファイルにしてくださる。
 「備える歴史学」のグループの組み合わせをした。
 ある方から、賛助会費をいただいた。T さん、何時もありがとうございます。
 12月の例会と学習会の予定日の相談をした。
 新しい会員募集の方法について、Sさんが作ってくださったちらしの、ごく一部を書き改めていただいて、これをNさんに印刷していただき、各会員がそれぞれ、最寄りの図書館その他に、ちらしを置かせていただけるようお願いすることにした。
 岡田さんが漢字の成り立ちについて説明した。
 Mさんが、8月の例会のときから参加された方のために、パソコン環境を整え説明してくださっていた。

「うか101」
 第107回例会 2014年10月8日(水) 13:30〜15:30
  9月一杯で 朝日の記事、磯田道史の  「備える歴史学」は終了し、10月から4人が1週交替で
「商魂の歴史学」(山室恭子)、
「交流の歴史学」(呉座勇一)、
「デザイン最前線」(佐藤可士和)
「食事の歴史学」(原田信男)が執筆することになった。新しいものがどんな内容なのか分からないが、少しこのまま追ってゆくことにし、そのためのグループの組み分けを決めた。
 横浜の点字印刷には、11月19日に、IさんとSさんが行ってくださることになった。Iさん、Sさんよろしくお願いいたします。
 来年も岡田さんが、奇数月の第3水曜日に、横浜の印刷室の予約をしてくださることになった。
 会員を募るためのちらしをNさんに印刷していただいた。皆で、それぞれのお近くの、これは、と思える施設にちらしを置かせていただくことにした。
 墨田区内の各図書館には既にちらしを置かせていただいた。
 11月の例会のとき、横浜のYさんが、「萬葉集釋注」の校正について説明に来られるが、横浜には新会員が増えたので、校正の量は減るかも知れませんがよろしくお願いしますと岡田さんが話された。
 「文字について」何時ものように岡田さんが詳細に話された。
 12月の日程を打ち合わせた。

 第108回 2014年11月12日(水) 13:30〜15:30
 『萬葉集釋注』の校正の説明に横浜からYさんがいらしてくださった。
東京の皆様どうぞよろしくお願いいたします。
 朝日の新しい内容は、4種類の話題に分かれているので全体のファイル名を試みに『日朝「“be on Saturday”」1410』としてまとめたが、11月のものからは『朝日「歴史学」1411』のように変えることにした。ただ、全体の表紙に付けるタイトルは、『朝日「“be on Saturday”」1411』とすることにした。
 ヒューマンプラザのロッカーの鍵について、各団体用に鍵を1本作ってくださるが、鍵の管理は加盟グループが責任を持つか、プラザ側に預けるか、どちらかを選べるというので、羽化では、事務所に預けることにした。ただ、学習会のときは夜間なので、鍵を夜間に管理している事務所に移していただけるようお願いすることにした。
 新しい会員から漢点字入力方法について、実践に即したやり方を直接教えて欲しい、との希望が出たので、12月10日の例会の日に、例会の前の時間、13:00から、14:30と、14:30〜16:30の例会と、適度な時間を割り当てて入力方法について、岡田さんに説明をしていただくことに決めた。
 11月19日にお二人の方が横浜へ点字印刷に行ってくださった。ありがとうございました。
 2014年11月22日の学習会は、学習者がお休みなので、この日は休みにした。

 第109回 2014年12月10日(水)、13:00〜16:30
(東京羽化結成10年目に入る)
 例会に参加して下さった方は、全員例会の前の「ミニ講習会」にも参加してくださった。パソコンへの漢点字入力の実践について、岡田さんが説明をした。特に括弧のいろいろな種類の使い分け、ハイフン、長音、マイナスの微妙な違いなどについて丁寧に説明した。
 ミニ講習会と例会とは、ほんの少しの休憩だけで、例会に入った。
 例会では、「歴史学」の入力グループの組み分けをすることからはじめた。
 『萬葉集釈注』は順調に進んでいると、岡田さんが報告した。
 ボランティア室のロッカーの鍵については、事務所との打ち合わせ通りに決まった。ロッカーの鍵は事務所に預ける。
 岡田さんから、少し急ぎの資料入力依頼があったので、早速3人が受けてくださった。
 2015年1月21日に横浜へ印刷に、IさんとSさんが行ってくださることになった。Iさん、Sさんよろしくお願いいたします。
 1月25日の横浜での「羽化新年会」に、東京から6人参加することになった。
 会員募集のチラシについて話し合った。
 2015年2月と3月の日程について相談した。
 岡田さんが漢字の成り立ちについて丁寧に説明してくださった。

「うか102」
 第110回例会 2015年1月7日(水) 13:30〜15:30
 1月21日にIさんとSさんが横浜へ印刷に行ってくださることになった。何時もIさん、Sさんありがとうございます。
 朝日の記事入力グループの組み合わせを組んでいただいた。
 横浜の『萬葉集釋注』の進み具合と岡田さんが読んでの魅力について報告をした。
 1月25日の横浜での「羽化新年会」には、東京から6人の方が参加することになった。
会計から新年会費の負担を少ししてくださることになった。
 会員を募るためのちらしをNさんに印刷していただき、引き続き一般の方の目に触れていただけるよう努力することにした。
 岡田さんがやや詳しく学習会の報告をした。
 「文字について」何時ものように岡田さんが詳細に話された。
 4月の日程を打ち合わせた。
 新しい会員の希望により2月の例会の中で入力の実践についてミニ講習会を行うことにした。

 第111回例会 2015年2月18日(水) 13:30〜15:30
 何時ものように朝日の記事入力のグループ分けを決めた。
 3月18日、Iさんと、Sさんが、横浜へ印刷に行ってくださることになった。Iさん、Sさんよろしくお願いいたします。
 「東京羽化の会」の会則と役員を確認した。
 2月21日に新しい会員が参加される。
 岡田さんから入力依頼されたものが完成し、岡田さんからお礼が述べられた。

 『常用字解』に加えられた66文字を、横浜と分担して入力していただけるようお願いした。資料は3月の定例会に用意できる予定。
 古語辞典に関する話、そして朝日の「歴史学」の書き方について確認があった。

 続いて、新しい会員から漢点字の入力方法について、実践に即したやり方を直接教えて欲しい、との希望に応じて、今回は例会の中で行なった。

 第112回例会 2015年3月11日(水) 13:00〜15:30
 何時ものように朝日の「歴史学」のグループ分けをした。
 3月18日の印刷を改めてお二人にお願いし、滞りなくお仕事をしてくださった。Iさん、Sさん何時もありがとうございます。
 当会役員その他についてN さんからご報告をいただいた。
 会員募集について、ちらしなど報告した。
 「古語辞典」のグループをこのあたりで再編成することにし、3グループにした。
 「常用字解」の第2版が出版され、見出し文字が増加されたが、人名字解からの移行文字もあるが、新たに加えられた文字66文字を、横浜の皆様と入力分担することになった。これまで横浜の皆様が手がけてくださった経験を生かし、大半は横浜で入力してくださり、東京では25文字を受け持つことにし、入力、第一校正、第二校正などグループ編成をした。「常用字解」を入力するのは東京では初めてなので、そのための「入力マニュアル」を岡田さんから送っていただいた。
 岡田さんが、基本的な入力方法について、新しい会員のために説明した。

「うか103」
第113回例会 2015年4月8日(水) 13:30〜15:30
 ヒューマンプラザでのわたしたちの活動グループの名称を「東京漢点字羽化の会」と変更した。このいきさつについてSさんが丁寧に報告してくださった。
 朝日「歴史学」の組み合わせを決めた。

 5月20日の横浜での印刷へは、IさんとNさんが行ってくださることになった。どうぞよろしくお願いいたします。
 年度初めなので、ボランティア保険の手続きをNさんにお願いした。
 6月と7月の活動予定日について打ち合わせた。『常用字解第二版』の追補文字について岡田さんから具体的な詳しい説明があった。
 とてもよいものができ、岡田さんが全部出来たら、木村にもくださると言われ、大変楽しみである。
 『萬葉集釋注』の校正について、横浜から、Yさんが6月か7月の例会のときに説明に来られるとの報告があった。
 『古語辞典』の入力について、説明を受けた。
 基本的な記号類についても丁寧に解説された。
 会の名称が変更されたのを機に、様子を見ながら会員を募るためのちらしをNさんに印刷していただき、引き続き各地にちらしを配りたいと思う。

第114回例会 2015年5月13日(水) 13:30〜15:30
 会計の方がお休みなので会費は来月に集めることになった。
 何時ものように朝日の記事入力のグループ分けを決めた。
 5月20日、Iさんと、Nさんが、横浜へ印刷に行ってくださった。Iさん、Nさん、ありがとうございます。
 会費の変更について話し合ったが、この先のことを考えて現状通りということにした。
 8月の活動予定を決めた。
 岡田さんが、学習会の様子を報告した。
 古語辞典の文字について、記号類について、「歴史学」の記事に出てきた表などについて岡田さんが入力の仕方を詳しく説明した。

第115回例会 2015年6月10日(水) 13:30〜15:30
何時ものように朝日の「歴史学」の入力と校正のグループ分けをした。
 7月15日の印刷をIさんとSさんのお二人にお願した。何時もありがとうございます。
 9月の活動日程を決めた。
 Iさんが、会計報告をした。
 2015年5月分から、打ち出しに行って下さる方の交通費の一部を、会費から支出することにした。
 7月の例会の時、横浜のYさんが出席され、『萬葉集釋注』第6巻の校正の留意点など説明してくださる。このことも皆様よろしくお願いいたします。
 岡田さんが入力方法について、質問を受け、丁寧に説明した。
 会員のご家族にご不幸があり、岡田さんが、ご都合が付きませんでしたので、5月24日に中田様と木村がお通夜にお参りに行かせていただきました。謹んでお悔やみを申し上げます。

「うか104」
第116回例会 2015年7月8日(水) 13:30〜15:30
 いつものように朝日「歴史学」の入力、校正の組み合わせを決めた。
 7月15日の横浜での印刷へは、I さんとSさんが行ってくださることになった。どうぞよろしくお願いいたします。
 横浜羽化のYさんが出席され、『萬葉集釋注』の校正の前に、『古事記全訳注』の校正をすることになり、その留意点について説明を受けた。
 基本的な記号類、その他入力方法について岡田さんから説明された。

第117回例会 2015年8月12日(水) 13:30〜15:30
 何時ものように朝日の記事入力のグループ分けを決めた。
 9月16日横浜へ印刷に行っていただく方はI さんとS さん。何時もありがとうございます。
 11月の活動予定を決めた。
11月11日例会と、21日の学習会
 古語辞典の文字について、記号類について、「歴史学」の記事に出てきた表などについて岡田さんが入力の仕方を詳しく説明した。

2015年9月
 9月9日(水)は残念ながら、台風の接近により、交通機関の影響その他考慮して中止と決めた。
 あいにくの18号台風接近ということで、ほぼ10年の活動の中で、初めての例会休止となった。なんとなく木村としては寂しい。
 『朝日「歴史学」』の入力・校正についてはA さんが組んで下さった。

「うか105」
第118回例会 2015年10月7日(水) 13:30〜15:30
 9月9日は台風18号の接近による被害を避けて、例会は初めてお休みにした。
 発足以来ほぼ10年になるが、初めての休会で、木村としては残念に思う。
 いつものように朝日「歴史学」の入力、校正の組み合わせを決めた。
 横浜羽化のYさんが出席され、『古事記』の校正のお礼を言われた。続いて、『萬葉集釋注』第五巻の校正を依頼された。皆様どうぞよろしくお願いいたします。
 基本的な記号類、その他入力方法について今回も岡田さんから説明された。
 『古語辞典』は、まとめ役のSさんから、「こ」の終わり近くまでいただいたと岡田さんから報告された。
 新しく会員を募るために、ちらしの中身を再確認して、各地のボランティアセンターなどに置かせていただくことにする。

第119回例会 2015年11月11日(水) 13:30〜15:30
 何時ものように朝日の記事入力のグループ分けを決めた。
 11月18日横浜へ印刷に行っていただく方はS さんとN さんが行ってくださることになった。何時もありがとうございます。
 古語辞典の文字について、記号類について、質問を受け、岡田さんの説明を聞いた。

第120回例会 2015年12月9日(水) 13:30〜15:30
 今月は「東京漢点字羽化の会」発足、まる十年を過ごし、この12月は十一年目に入る。皆様お忙しい毎日の中から、漢点字のために、精一杯ご協力くださいましてありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
 素晴らしいことに、2016年は「横浜漢点字羽化の会」は、東京の倍の、20年になるという。横浜の皆様おめでとうございます。これまで先輩方のご指導により、わたしたちもここまで続けてこられました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 今回は新しい方がお見えになり、見学なさった。是非正式に会員になってくださいますようよろしくお願いいたします。

 朝日の「歴史学」の記事についてグループ分けその他、いつものように決めた。
 2016年1月20日の横浜での印刷は、I さんとSさんが行って下さることになった。何時もありがとうございます。
 2016年3月の日程も決めた。
 細かいようではあるが、大切なことで、入力方法について岡田さんが説明した。

「うか106」
第121回例会 2016年1月13日(水) 13:30〜15:30
 まず、『朝日「歴史学」』の入力グループを決めた。
 1月20日の印刷はIさんと、Sさんが行ってくださることに決まった。何時もありがとうございます。
 横浜羽化で入力校正し、東京でも校正のお手伝いをしている『萬葉集釋注』の漢点字版を、2016年も続けて、横浜の中央図書館に納入する。(第4巻である。)
 4月の活動予定を決めた。
 基本的な記号類、その他入力方法について質問を受け、今回も岡田さんの説明を聞いた。
 『古語辞典』の入力の進捗状況を確認した。全体の半分強ではないかと、岡田さんが言われた。
 今日は実際には漢点字を直接点字用紙にどう書くか、簡単に説明した。こんど時間がとれたらパソコンを通さずに手打ちで書いて見ましょう、と話した。

第122回例会 2016年2月10日(水) 13:30〜15:30
 先月の学習会(1月23日)は、前日から「明日は雪が降ります。交通機関にも気を付けて下さい」とのありがたくない予報が盛んに報じられていたので、当日の朝早く、学習会は中止と決めた。したがって2月20日が「学習会第95回」となる。
 この1月の学習会の日、「パソコンを使って漢点字点訳をしてくださるボランティアを求めています」というお誘いとお願いのチラシを見て下さった方が、見学に来てくださるお約束ができており、このことが残念に思っていた。けれども、その方が今日の2月の例会にお出でくださり、会員になってくださった。ありがとうございます。
 Y様、どうぞよろしくお願いいたします。

 3月と4月の活動日の確認と5月の活動予定日を相談した。
 何時ものように朝日の記事入力のグループ分けを決めた。
 3月16日の横浜での印刷には、IさんとSさんが行ってくださると申し出てくださり、このことも安心できた。
 I様、S様、何時もありがとうございます。
 朝日の記事の中での具体的な入力方法について、古語辞典の文字について、記号類について、質問を受け、岡田さんの説明を聞いた。
 今日は漢点字を、漢点字用の点字板を使ってそれぞれご自分の名前を書く練習をした。
 「テキストコンバーター」を使うと、漢点字が表示されるので、皆さま改めて興味を示されて「名刺」のひな型を作っていらした。

第123回例会 2016年3月9日(水) 13:30〜15:30
 「パソコンを使って、漢点字点訳をしていただくボランティアを求めるちらし」を見てくださって、この3月の例会にお出で下さった方が、2月の例会に引き続いてもう一人会員にご参加くださった。
 K様、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 今日は、ご事情で暫く例会へのご参加をお休みしていらしたMさんがお出でくださった。

 2月20日の学習会は、またも「大雨になり、交通機関も危ぶまれる」との厳しい気象予報が出されたので、岡田さんがやむを得ず中止を決定した。
 従って、3月19日が、通算95回目となる。
 3月16日の漢点字印刷を、Iさんと、Sさん、よろしくお願いいたします。
 朝日の歴史学の入力校正のグループをまず最初に決めた。
新しいお二人にも早速グループに入っていただいた。
 岡田さんが、新しい方がいらしてくださったので、点字の、歴史、漢点字の歴史、「羽化の会」の活動方針と、歴史をお話した。
 そして、漢点字用に入力していただくための留意点も話された。
 「東京漢点字羽化の会」の名簿の改訂版を作っていただいた。
 学習会の原則として第3土曜日とし、学習を始める時間を、これまでより1時間早めて、17:30〜19:30と変更する。
 4月23日の日にちは変更できないが、時間は17:30からに改める。
 木村の知人で、「機関誌うか」の、ある読者から、「羽化20周年のお祝い」として、横浜と東京に貴重なご寄付をいただいた。ありがとうございました。感謝して有効に使わせていただきます。

「うか107」
第124回例会 2016年4月13日(水) 13:30〜15:30
 
新年度に当たり、会費を納めていただいた。
 会計報告は5月の例会に行う。
 朝日の歴史学のグループ分けを決めていただいた。
 5月18日の横浜での印刷を、今回もIさんとSさんが行ってくださることになった。何時もありがとうございます。
 学習会の時間設定の変更(これまでより1時間早めて17:30〜19:30)、原則として第3土曜日に決めるようにした。
 横浜からYさんが『萬葉集釋注』の第5巻の後半についてのお話に見えた。
 『古語辞典』の質問を受け、入力校正の留意点を丁寧に岡田さんが説明した。

第125回例会 2016年5月11日(水) 13:30〜15:30
 5月21日の学習会のサポートをしてくださる方の確認をした。
 岡田さんがご用事で5月の学習会は欠席なさるので、木村が予習を兼ねてお話をさせていただくことにした。
 6、7、8月の活動日程について確認した。5月18日の印刷もいつものIさんとSさんが行ってくださる。いつもありがとうございます。
 Aさんが機関誌「うか」発送用に沢山切手をご寄付くださった。Aさんありがとうございました。
 『朝日「歴史学」』の入力グループを決めた。
 いつものように、基本的な記号類、その他入力方法について質問を受け、今回も岡田さんが丁寧に説明をした。
 5月21日の学習会は岡田さんのご都合で、出席できなかったので、木村が予習の積もりで、レーズライターで書いていただいてある漢字を見ながら、お話しし、テキストを読んだ。
 5月20日、岡田さんの母上が亡くなられた。
 お通夜は23日、ご葬儀は24日にしめやかに行われた。岡田さんのご意志に従って、中田会長と、田中さんと木村がお通夜にお伺いした。
 斎場が木村の住まいに近かったので、木村は24日のご葬儀にも参列することができた。

第126回例会 2016年6月8日(水) 13:30〜15:30
 岡田さんは本日、どうしても欠席せざるを得ないご用事があり、お休みされたが、例会は行った。
 岡田さんのお母様のご様子について、詳しいことは分からないが、ご葬儀のことなど木村が報告した。
 何時ものように朝日の記事入力のグループ分けを決めた。
 7月20日の横浜での印刷には、IさんとSさんが行ってくださると申し出てくださり、このことも安心できた。
I様、S様、何時もありがとうございます。
 印刷については、あと何人かいつでもお手伝いしていただける方が多いとよいので、そのことをお願いした。
 今日は個人的に自由にお互いに入力その他について訪ね合っていただいた。

「うか108」
第127回例会 2016年7月13日(水) 13:30〜15:30

 9月の例会に、横浜羽化のYさんが、お出でになると、岡田さんからお話があった。
 朝日の歴史学のグループ分けを決めていただいた。
 7月20日の横浜での印刷を、今回もIさんとSさんが行ってくださることになった。何時もありがとうございます。
 学習会のサポートをしてくださる方の確認をした。
 8、9、10月の日程を決めた。
 6月の例会のときの自由討議の内容を引き続いて岡田さんが EIBRKW の使い方、仮名点字と漢点字の違いについて説明した。

第128回例会 2016年8月10日(水) 13:30〜15:30
 「機関誌羽化」の読者である坂口喜代様から五千円ご寄付をいただいた。坂口様ありがとうございます。大切に使わせていただきます。
 会員のAさんが、また羽化発送用に沢山切手をご寄付くださった。
 8月13日の学習会のサポートをしてくださる方の確認をした。
 『朝日「歴史学」』の入力グループを決めた。
 9月21日の印刷はSさんとIさんが行ってくださる。何時もありがとうございます。
 いつものように、基本的な記号類、その他入力方法について質問を受け、今回も岡田さんが丁寧に説明をした。

第129回例会 2016年9月7日(水) 13:30〜15:30
 横浜からYさんがお見えになり、『萬葉集釋注』第6巻の校正について説明してくださった。この巻が終わるともう全体の半分を過ぎることになる。皆様ありがとうございます。そしてまたよろしくお願いいたします。
 何時ものように朝日の記事入力のグループ分けを決めた。
 9月21日の横浜での印刷には、IさんとSさんが行ってくださると申し出てくださり、このことも安心できた。
I様、S様、何時もありがとうございます。
 『古語辞典』の進捗状況を確認した。
 今回も入力に必要な記号類について説明を受けた。

「うか109」
第130回例会 2016年10月12日(水) 13:30〜15:30

 朝日の歴史学のグループ分けを決めていただいた。
 11月16日の横浜での印刷は、今回Iさんお一人で行ってくださることになった。何時もありがとうございます。学習会のサポートをしてくださる方の確認をした。
 12月、2017年1月の予定を決めた。
 岡田さんが記号の書き方その他の細かい入力方法を新しい会員の方に説明した。

第131回例会 2016年11月9日(水) 13:30〜15:30
 『朝日「歴史学」』の入力グループを決めた。
 Tさんのガイドを長いことしてくださっていらした、高橋さまから、5千円のご寄付をいただいた。
 元会員であったSさんから「羽化」郵送用120円切手36枚をご寄付いただいた。
 皆様ありがとうございます。
 Aさんが、今年も地元のボランティア呼びかけのちらしを出してくださることになった。
 いつものように、基本的な記号類、その他、入力方法について質問を受け、今回も岡田さんが丁寧に説明をした。

第132回例会 2016年12月7日(水) 13:30〜15:30
 木村は体調不良のため例会を休ませていただいた。12月の例会の報告をMさんがしてくださったのでそれを参照させていただいた。
 何時ものように朝日の記事入力のグループ分けを決めた。1月の印刷はまたIさんとSさんが行ってくださるとのことありがとうございます。
 岡田さんが丁寧に入力方法をいろいろ説明なさった。

「うか110」
第133回例会 2017年1月11日(水) 13:30〜15:30
 女性の方が例会を見学に来てくださった。入会はご自分でやれそうか実見してから決めるとおっしゃった。是非入会していただきたいと願っている。
 朝日の歴史学のグループ分けを決めていただいた。
 横浜の印刷はIさんとSさんと、新しくIさんが行ってくださった。何時もありがとうございます。
 学習会のサポートをしてくださる方の確認をした。
 2017年3、4月の予定を決めた。
 岡田さんが記号の書き方その他の細かい入力方法をおさらいを含めて皆様に説明した。

第134回例会 2017年2月8日(水) 13:30〜15:30
 横浜からYさんが見え、『萬葉集釋注』の6巻について説明してくださった、皆様どうぞよろしくお願いいたします。
 今月も新しく例会を見学に来てくださった方がおり、この方も入会してくだされば、と願っている。
 朝日「歴史学」の入力グループを決めた。
 いつものように、基本的な記号類、その他、入力方法について質問を受け、今回も岡田さんが丁寧に説明をした。

第135回例会 2017年3月8日(水) 13:30〜15:30
 1月と2月に見学に見えたMさんは、2月のときから、2月の例会に見学に見えたYさんは即日入会を決めてくださり、お二人とも朝日の「歴史学」も、『古語辞典』の正式な入力者としてお仕事を担当してくださることになった。
 何時ものように朝日の記事入力のグループ分けを決めた。
 学習会のサポートをお願いする方を確認した。
 3月15日の横浜での印刷をしてくださる方を決めたが、何時ものお二人の他に、新しい方にも印刷に慣れていただきたいと申しあげたら手を挙げてくださるかたが出て、その積極性に感謝している。ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 5月、6月の活動の予定を決めた。
 岡田さんが丁寧に入力方法を説明した。
 3月15日の午後、会発足当初からの会員のS様の娘さんから突然お父上の悲しいお知らせが入った。たった1週間前に例会にいらして何時ものように活動くださったのに!
 3月20日10時より目黒で、しめやかなうちに、ぬくもりのあるご葬儀が行われた。
 会からは10名ほどが参列させていただいた。
 何時も全体が和やかになるように気配りをしてくださっていたSさんにもうお会い出来ないと思うととても寂しい。S様12年間漢点字のために本当にいろいろ尽くしてくださいましてありがとうございました。ご遺族に沢山お慰めがありますように!
 3月18日に予定されていた学習会は急遽お休みにした。

前号へ トップページへ 次号へ